よさこいって?

gallery.041「よさこい」とは、「夜さ来い」と書き「夜に来てください」、「今夜いらっしゃい」という意味があります。
よさこい祭りは、1954年、戦後の高知の経済振興、地域興しを願い始まったおまつりです。「よさこい鳴子踊り」を作った作曲家の武政英策氏により、すでに有名だった徳島県の阿波踊りが素手で踊るのに対して、高知らしく「鳴子」を手に持って踊ろうと提案され始まったと言われています。もともと鳴子は田畑に吊るして音で雀などを追い払う道具でしたが、手に持って踊ることにより人々に親しまれ、よさこいのシンボルとして受け継がれています。

よさこいの魅力

gallery.046「よさこい節」や「よさこい鳴子踊り」を基調とし、和太鼓・サンバ・ロック・ジャズ・レゲエなどの様々な音をアレンジして、各チームがオリジナルの曲を作成します。その曲に合わせて、華やかな衣装を身にまとった踊り子たちが独自の振り付けで観客と一緒に盛り上がります。世代を超えて「聴いて!」「見て!」そして「踊って!」楽しめるのが「よさこい」の魅力!

今年の「坂戸よさこい」を皆で一緒に楽しみましょう!